Event 終了

増谷英樹氏のウィーン研究に学ぶ

Workshop_150711

印刷用のデータを開く

趣旨

都市史学会主催にて、「ぐるーぷ・とらっど3」で積み重ねてきた、都市史研究の到達点を学ぶシリーズを再開します。今回は、オーストリア研究の第一人者である増谷英樹氏(東京外国語大学名誉教授)をお招きし、氏の最新の研究を講義していただきます。また、論考「1848 年革命とユダヤの人びと」や名著『ビラの中の革命 ウィーン1848年』、さらには編著『ウィーン都市地図集成』などの成果を改めて学びたいと思います。多くの皆様のご参集をお願いいたします。

開催情報

イベントタイトル
増谷英樹氏のウィーン研究に学ぶ ― 都市史学会主催ワークショップ ―
主催
都市史学会
基本情報
〔日時〕2015年7月11日(土)10:00-17:00(9:30開場)
〔会場〕東京大学文学部 法文1号館115番教室
    (東京大学本郷キャンパス。正門入り安田講堂方面、銀杏並木左側二棟目、1 階南西角部屋)
〔お問い合わせ〕
    都市史学会事務局
    〒113-8656 東京都文京区本郷 7-3-1 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻伊藤毅研究室気付
    電話: 03-5841-6184 HP: http://suth.jp Email: office@suth.jp
参加申込
ワークショップならびに懇親会に参加を希望されるかたは、6月26日(金)までに、下記アドレスにメールにてご連絡下さい。
申込先: office@itolab.org

プログラム

10:00-12:00  Ⅰ部 ウィーンの歴史研究の中で都市史を考える|増谷英樹
  1. ローマの要塞都市から神聖ローマ帝国の辺境都市へ(ヨーロッパ都市の成立の一類型)
  2. ハプスブルクの都としてのウィーン(対オスマン戦争、バロック都市)
  3. 近代都市への道(フランス革命,経済的発展)
  4. 大都市ウィーン(1848 年革命,環状道路と世紀末文化、「赤いウィーン」)
13:30-17:30  Ⅱ部 増谷氏のウィーン研究を読む
13:30-14:15 『ビラの中の革命 ウィーン1848 年』と「1848 年革命とユダヤの人びと」を学ぶ|吉田伸之(飯田市歴史研究所)
* 増谷英樹『ビラの中の革命 ウィーン1848 年』東京大学出版会、1987 年。
* 増谷英樹ほか『オルタナティブの歴史学』(シリーズ「21 世紀歴史学の創造」)有志舎、2013 年所収。
14:15-15:00 『ウィーン都市地図集成』を読む|川向正人(東京理科大学)
* 増谷英樹『ウィーン都市地図集成-Die Historischen Stadtpläne von Wien vom 15. bis 19. Jh.』柏書房、1999 年。
15:30-16:00 増谷氏からのリプライ
16:30-17:30 討論
※ 終了後、大学近辺にて懇親会を開催予定しています。

※ワークショップならびに懇親会に参加を希望されるかたは、6月26日(金)までに都市史学会事務局(office@suth.jp)までメールにてご連絡下さい。