Event

2021年度都市史学会大会(オンライン)

 ご案内

2021年度都市史学会大会について以下の通りご案内申し上げます。大会は昨年同様オンライン上での開催となります。

 大会要項

主催
都市史学会
共催
鉄道史学会(シンポジウム)
日時
2021年12月25日(土)13:00-16:00、26日(日)10:00-17:30
会場
ウェブ会議システムZoomミーティングを利用(総会・研究発表・基調講演・シンポジウム)。
参加費
無料(要申込)
参加申込
都市史学会ウェブサイトより申込。
※申込サイトは後日公開予定
お問い合わせ
convention2021@suth.jp

 大会プログラム

12月25日(土)13:00-16:00

13:00-14:00 〔都市史学会総会〕(会員限定)
14:30-16:00 〔研究発表〕
司会=三枝暁子(東京大学)
  • 14:30-15:00 北宋開封の都城社会と住民文化-成尋『参天台五台山記』を手がかりに=松田亮(中央大学)
  • 15:00-15:30 前近代イスタンブルにおける皮鞣工房群の成立と運営=藤木健二(慶應義塾大学)
  • 15:30-16:00 京都東九条における廃品回収業と都市組織の関係-「仕切り場空間」の形成・変容と屑をめぐる生業連関=中村景月(京都大学)

12月26日(日)10:00-17:30

10:00-11:30 〔基調講演〕
都市における遺跡の重層性とその保存活用=佐藤信(東京大学名誉教授) 司会=杉森哲也(放送大学)
13:00-17:30 〔シンポジウム〕都市と近代遺跡—高輪築堤が問いかけるもの
司会=高嶋修一(青山学院大学) 副司会=髙橋元貴(東京大学)
(趣旨)

2020年、東京都内の再開発地区で初期鉄道の遺構が発見され、土盛や石積みの橋台などが往時の姿を現した。「高輪築堤」である。明治初期、それまでそこにあった社会を壊して造られた築堤は、やがて鉄道施設の拡張とともに土中に埋もれた。しかしそれもいまや姿を消し、ガラス張りのビル群になろうとしている。私たちは、開発主体の企業に築堤の保存を要望した。それは実を結びつつある。しかし、積層する都市の歴史のなかで、たったひとつの時代の遺構を切り取って残すことには、どのような意味があるのか。相手に負担を求めるならば、私たちもまた自省をしなければならない。かつて、ある小説家は登場人物の歴史家をして次のような謬見を語らしめた。「書かれなかった事は、無かった事じゃ」。もちろん、書かれなかったこと、遺らなかったことは無かったことではない。遺されたものは、痕跡なきできごとに思いを巡らせるためのよすがである。高輪築堤は問いかける。「あなた方はここから何を読み取り、背後にどんな世界を見るのか」。私たちは考える。「なぜ、そっと眠らせておいてくれなかった?」と問われないために。

(タイムテーブル)
  • 13:00-13:15 趣旨説明=高嶋修一(青山学院大学)
  • 13:15-13:50 高輪築堤跡の調査—築堤はいかにして海中につくられたか=斉藤進(港区発掘調査指導員)
  • 13:50-14:25 鉄道史からみた高輪築堤研究の現状と課題=渡邉恵一(駒澤大学)
休憩(10分)
  • 14:35-15:10 幕末維新期、高輪海岸の地帯特性=吉田伸之(飯田市歴史研究所)
  • 15:10-15:45 横浜の近代遺跡とその保全=青木祐介(横浜開港資料館・横浜都市発展記念館)
  • 15:45-16:05 コメント=老川慶喜(立教大学名誉教授)
  • 15:45-16:05 コメント=加藤耕一(東京大学)
休憩(10分)
  • 16:35-17:30 討論

 研究発表の募集について

※募集は終了いたしました。下記要項は参考までに掲載しております。
クリックして詳細を表示/非表示

2021年度都市史学会大会での研究発表(自由論題)を募集します。応募要領をご参照のうえ、奮ってのご応募をお待ちしております。

  • 募集件数:4件程度
  • 報告日時:2021年12月25日(土)または26日(日)
  • 報告時間:発表20-30分、質疑:10分(予定)
  • 報告内容:都市史に関する研究で未発表のもの
  • 報告言語:日本語
  • 報告方法:ウェブ会議システムzoomの利用を予定(※通信端末、インターネット接続環境をご準備ください)

研究発表応募要領

応募資格
申し込み時点で当学会会員であること(申し込みと同時に入会も可)。非会員を含む共同報告も可能ですが、報告者は会員であること。
申し込み方法
申込用紙に記入の上、都市史学会事務局研究発表受付まで電子メールまたは郵送にてお申し込みください。
申込用紙のダウンロード:wordファイルpdfファイル
申し込み先
都市史学会事務局研究発表受付
〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 建築史研究室気付
メールアドレス application_form_2021@suth.jp
申し込み締め切り
2021年9月6日(月)
その他
ウェブ会議システムを通じての発表となりますので、インターネットへの接続環境、通信機器等が必要となる点、あらかじめご了承ください。研究発表の日時、当日配布資料、使用機器、要旨の会誌掲載については採用後、追って事務局からご連絡いたします。
採用は編集委員会における審査の上で決定します。審査の結果、ご希望に添えないこともございますので、ご承知おきください。採否の通知は2021年9月末頃を予定しています。