学会設立のご案内

このたびわが国初の都市史学会を開設する運びとなりました。謹んでご案内申し上げます。

先人たちが切り開いた都市史の豊饒な世界は現在にいたるまでさまざまなかたちで継承され、わたくしたちにとってかけがえのない知の財産として蓄積されてきました。この間、都市史にかかわるいくつかの研究会の消長がありましたが、都市史研究会は1990年発足以来、着実な活動を続けてきた研究会のひとつであり、1993年から刊行がスタートした『年報都市史研究』(山川出版社)も20号を数えるにいたりました。この20号刊行を機に、従来日本史と建築史を中心にゆるやかに形成されてきた研究グループを一気に拡充し、日本史、建築史はもとより東洋史、西洋史、国文学、美術史、地理学、社会学、土木史、都市計画史など諸分野の専門家の積極的な参入による研究上の一大プラットフォームを構築しようという気運が生まれるようになりました。

都市史学会の設立の背景および目的は学会概要をご一読願います。そして趣旨をご理解いただいたうえで、会員として今後展開される諸活動にご参加いただき、共に新たな都市史学の地平を切り開いていきたいと希望いたしております。今後、海外の研究者仲間にも広く声をかけ、また世界の都市史学会とも積極的に交流の輪を広げ、わが国の都市史学の一層の発展を目指す所存です。

みなさまにおかれましては、本学会設立の今日的意義をご賢察いただき、ぜひともこの刺激的な学際的フォーラムへ参加されますことを心からお願い申し上げます。

2013年7月

設立準備委員会・代表 伊藤毅