規約

  1. 本会は都市史学会と称する。(英語名は Society of Urban and Territorial History)
  2. 本会は都市史学およびその周辺分野に興味と関心を寄せる者を会員として組織する。 会員に正会員ならびに賛助会員の二種を設ける。
  3. 本会は、会員相互の連絡を図り、その国内外の協力によって都市史学の発展に寄与することを目的とする。
  4. 本会はその目的のためにつぎの事業をする。
    1. 会誌『都市史研究』の発行、講演会、研究集会の開催
    2. 関係諸方面の研究者、学会、機関および施設等との連絡
    3. 都市史学の研究の便宜利益を図るための社会的活動
    4. 共同の調査および研究
    5. 以上の他、必要と認める事業
  5. 本会につぎの機関を設ける。
    1. 総会
    2. 常任委員会
    3. 編集委員会
    4. 企画委員会・事務局
  6. 総会は、本会の最高議決機関として、会員全体をもって構成し、毎年一回開催する。ただし、会員の委任状による参加を認め、三分の一をもって成立するものとする。
    2. 総会は、会員の五分の一以上または常任委員会の要求によって臨時に開催することができる。
  7. 常任委員会は会員によって選出された常任委員をもって組織し、本会の事務および事業を担当する。常任委員会はその事務および事業の経過を毎年総会に報告しなければならない。
    2. 常任委員の任期は原則として二年とする。人数は二五名を超えないものとする。
  8. 本会に会長一名および副会長一名を置く。
    2. 会長は会を代表して会務を統轄する。副会長は会長を補佐し、会長不在の際その任務を代行する。
    3. 会長および副会長は常任委員の互選によって定める。
    4. 会長および副会長の任期は二年とする。
  9. 本会に監事二名を置く。
    2. 監事は会計を監査し、総会において結果を報告する。
    3. 監事は総会で選出する。
    4. 監事の任期は二年とする。
  10. 本会は顧問を置くことができる。
    2. 顧問は学識経験者および本会の運営を援助するもので、常任委員会がこれを推薦する。
  11. 本会は、編集委員会を置く。編集委員会は常任委員会の指名を受けた都市史学に関するさまざまな分野の専門家から構成される機関であって、会誌の編集発行を中心とする会務の遂行を担当する。また事務嘱託を依頼することができる。
    2. 編集委員会委員の任期は原則として二年とする。人数は二〇名を超えないものとする。
  12. 本会は常任委員会および編集委員会の付託を受け、企画委員会・事務局を置く。企画委員会・事務局は定期的な研究会や出版、研究集会、研究調査などの具体的な活動について企画を提案し実施する。活動内容は常任委員会および編集委員会に報告され、その成果は会誌等を通じて会員に還元される。
  13. 本会は必要に応じてそれ以外の専門委員会を置くことができる。専門委員会の設置については常任委員会で諮られる。また専門委員会は定期的に活動内容を常任委員会に報告しなければならない。
  14. 本会の事務局は東京に置く。
    2. 総会の議決によって、支部を設けることができる。
  15. 会員は会費を負担し、本会の事業の優先的受益者となる。
    2. 会員は随時本会の事業について、常任委員会に申し出ることができる。
  16. 本会に入会するものは常任委員会に書面をもって申し出る。
    2. 会費負担の義務を履行しないものは退会したものと認める。
  17. 本会の経費は、会費、事業収益金、寄付金等をもってあてる。
    2. 会費は正会員年間五、〇〇〇円とする。賛助会員については一口年間五、〇〇〇円、二口以上の会費を納入するものとする。
  18. 本会の会計は常任委員会が担当し、その収支決算を総会に報告しなければならない。
    2. 会計年度は12月1日から翌年11月30日とする。
  19. この規約の変更は、総会の議決を経なければならない。

2013年12月14日制定
2014年12月13日改訂
2015年12月12日改訂