都市史研究 4

TOSHISHI_KENKYU_04_thumbnail

書誌情報

ISBN:978-4-634-52754-6
編集・発行:都市史学会
制作・販売:株式会社山川出版社
刊行:2017年11月25日
価格:3,800円(税別)
仕様:B5判 168頁
* 一般書店での購入が可能です。山川出版社のウェブサイトはこちら

目次

論文
江戸市中における堀川の空間動態とその存続-「古町之川岸」の川浚を通して-|髙橋元貴
研究ノート
幕府普請奉行役所による拝領武家屋敷の把握について-『屋敷渡預絵図証文』を中心に-|岩本馨
小特集 社会的結合と都市空間
シンポジウムの開催について
【特別セッション】
近世大工頭・中井家文書の保存・修復と研究上の意義|谷直樹
【セッションⅠ】大阪における都市師研究の方法と課題
近世大坂の都市社会構造-孝子・忠勤褒賞から見る民衆世界-|塚田孝
古代難波の都市性の発現|岸本直文
近年における平安~豊臣初期大阪の都市研究の動向と課題-上町台地地域を中心に-|大澤研一
近世大坂研究の軌跡と展開|森下徹
近現代大阪研究の現状と課題|島田克彦
【セッションⅢ】都市空間の中の商人集団と異文化交流
都市空間の中の商人集団と異文化交流-中世ヨーロッパを例に-|大黒俊二
近世オスマン帝国下カイロのヴェネツィア人集団|堀井優
近世商都アムステルダムと商人邸宅街-都市拡大と商人集団の集住をめぐって-|杉浦未樹
近世港町長崎の都市空間-唐船貿易との関連から|彭浩
書評
Charles D. Musgrove, China’s Contested Capital: Architecture, Ritual, and Response in Nanjing|大田省一
髙橋康夫著『海の「京都」-日本琉球都市史研究-』|高橋慎一朗・石井龍太・岩本馨・黒嶋敏
新刊紹介
西山良平・鈴木久男・藤田勝也編著『平安京の地域形成』
高谷知佳著『中世の法秩序と都市社会』
大口勇次郎著『江戸城大奥をめざす村の娘-生麦村関口千恵の生涯-』
竹ノ内雅人著『江戸の神社と都市社会』
小林丈広・高木博志・三枝暁子著『京都の歴史を歩く』
宮本雅明著 NPO法人都市・建築遺産保存支援機構編『読み伝える建築遺産』
佐藤健二著『浅草公園凌雲閣十二階-失われた<高さ>の歴史社会学-』
長田紀之著『胎動する国境-英領ビルマの移民問題と都市統治-』
川本智史著『オスマン朝宮殿の建築史』
マルク=ボーネ著、河原温編『中世ヨーロッパの都市と国家-ブルゴーニュ公国時代のネーデルラント-』
坂巻清著『イギリス近世の国家と都市-王権・社団・アソシエーション-』
増谷英樹著『図説ウィーンの歴史』
樋渡彩・法政大学陣内秀信研究室編『ヴェネツィアのテリトーリオ-水の都を支える流域の文化-』
二〇一六年度都市史学会大会・研究発表要旨
高知藩製砂糖の流通と大坂|北野智也
近世大坂における上荷船・茶船仲間-道頓堀堀詰の「積場所」を中心に-|井戸田史子
明治期京都の町組織と道路整備事業|岩本葉子
活動記録
都市史学会活動記録
会告
都市史学規約
彙報
論文募集規程
英文目次/欧文要旨